Z-KEN's P&TI Studio

プラレールとトラックマスターを用いた某きかんしゃの二次創作置き場

P&TI S13 ジェームスとおおゆき

 ある冬の日、ソドー島は吹雪に見舞われた。一日中降り積もると思われたが、幸いにも、つかの間の晴天により厚く積もった雪も薄くなり、ドナルドとダグラスが懸命に除雪したおかげであっという間に線路から雪が消えた。
しかし油断は禁物だ。午後から明日にかけて吹雪になると予報が出ている。トップハム・ハット卿は蒸気機関車たち全員に雪かきをつけるよう命じた。


 皆が浮かない顔をして雪かきをつける中、ジェームスはずっとウキウキしていた。何故なら久しぶりに急行列車を引っ張ることになったからだ。
彼は出発の準備していたパクストンに自慢した。
「見てくれよ。雪に映える 僕の真っ赤なボディ。素敵だろう」
「ええ、ジェームスさん。真っ白な 雪の上だと、いつもより 輝いて見えますね」
「そうだろう。それに比べて 君のように 地味なディーゼルは、雪の上に いたとしても 目立たなそうだけど」
嫌味を言われ、パクストンは黙り込んでしまった。それを見ていたクランキーは呆れかえった。
「自慢をしに来ただけなら とっとと失せろ ジェームス。ソルティーの邪魔に なってるぞ」



ジェームスは、ぷんぷんしながら港を出ると、操車場で待っている急行客車の元へ向かった。雪かきを無視して客車と連結する。
そこへドナルドとダグラスがやってきた。彼らは雪かきをつけずに走ろうとするジェームスに驚いた。
「どうだい。かっこいいだろう。急行列車の お通りだぞ!」
「雪かきは付けないのですか」
「君たちが すでに 除雪したから 大丈夫さ」
「だけども、そろそろ、雪が降りそうな気配がしますよ。ほら、匂うでしょう。雪の匂いが…」
「雪の匂いだって。とうとう君も やられたね」
ドナルドとダグラスの忠告も聞かず、ジェームスは颯爽と走り出していった。
双子は心配そうな眼差しで港を出ていくジェームスを見送る。



ジェームスは双子の話をあまり信用していなかった。だけど、ダグラスの勘はピシャリと当たった。晴天の空はみるみるうちに暗くなり、大粒の雪が降り始めた。
始めはちらちらと舞い降りてくる程度だったが、次第に吹雪に変化した。
「こんな雪くらい、どうってことないさ」
だが、それは大きな間違いだった。



彼は案の定、降り積もった雪で立ち往生してしまったのだ。
クランクを力いっぱい動かしても、車輪は空回りしてどんどん埋もれていくだけだった。



 間もなく、トーマスが救援列車を牽いて駆けつけた。同乗していたトップハム・ハット卿は不機嫌そうだ。
「ドナルドとダグラスの忠告を 聞かなかったそうだな。君のせいで 混乱と遅れが 生じたぞ」
吹雪がやむと、作業員たちはすぐに線路の雪を片付け、ジェームスを掘り起こした。
客車はドナルドとダグラスが引き受けることになった。



一方、ジェームスは、大きな町の駅まで貨物列車を牽くよう命じられた。
結局、重い雪かきをつけ、不機嫌そうにボッボッと蒸気を噴き上げながら、本線をガタゴトと走っていく。
雪は場所によっては沢山積もっており、とくに山の近くでは自動車が立ち往生するほどだった。バーティーを助けに来たブッチまで動けなくなっている。



 ウェルズワース駅を過ぎると、線路わきに刺さる赤旗が目に入った。パクストンが立ち往生している。
「ジェームスさん。お願いが あるんですけど、この雪の壁から 引っ張り出してくれませんか。村の人たちが、この石炭と 薪を 待っているんです」
機嫌の悪いジェームスは、面倒だったので彼を放っておこうと思った。だけど彼の機関士は、待っている人たちのことを考えると、居ても立っても居られず、「俺たちが 一緒に 引っ張っていこう」と、言った。
ディーゼル機関車と 連結するんですか」と、ジェームスは不満げに唾を吐いた。
「行先は同じ方向だし、ほっとくわけにも いかないだろう。それに、トップハム・ハット卿から ご褒美がもらえるかもしれないぜ」
「しょうがない。わかったよ」
「よろしくお願いしますね」と、パクストン。



 パクストンの列車は雪から引っ張りだされた後、ジェームスと貨車の間に繋がれた。
雲行きが再び怪しくなったと思うと、また雪が降り始めた。
ジェームスは、めげずに除雪しながら走り続ける。
稲妻が光り、雹がコツコツとジェームスとパクストンのボディに激突する。彼らは悲鳴を上げた。
機関士は急がなければならないと思った。



激しい吹雪のおかげで辺り一面、白一色になり視界が悪くなった。
勇ましく進んでいたジェームスの足取りもだんだん遅くなっていく。
「前が 全然見えないよ!」
そして分厚い雪に立ちふさがれ、再び立ち往生してしまった。



 カーク・マッシャン駅では、トップハム・ハット卿とドナルドとダグラスが、彼らを心配していた。
「パクストンの到着が 遅れているな…」
「ジェームスの通過も まだみたいです」
「この吹雪ですからね。やっぱり事故に あったのではないでしょうか」
「彼らが心配です。私たちで様子を見に行きましょう」
「だめだ。今 出歩くのは危険すぎる。君たちは 吹雪が やむまで そこの機関庫で待機していなさい」



 その頃ジェームスは、身動きが取れない状態に陥っていた。
あまりの寒さに給水口のふちが凍ってしまい、元気が出ない。
その時、パクストンは、いいアイディアを思い付いた。
「僕が、ジェームスさんを押します。そうすれば きっと 雪の壁を突っ切れるはずですよ」
「でも、君は動けないんだろう」
「安心してください。雪かきはないけど、燃料は まだ いっぱい残ってますから」
こうしてパクストンの連結が切り離され、彼は貨車と共に一旦後ろに下がった。パクストンは、プスン、プスン。ブルブルブル…と、身体を震わせ唸らせ、出力いっぱいで極寒に立ち向かう。そして警笛で合図すると、助走をつけて、思いっきりジェームスの炭水車に体当たりした。
するとジェームスは勢いよく雪の壁を突き破り、雪を押しのけて進んでいった。
「やった、すごいぞ!」
ジェームスは嬉しくて歓声を上げた。パクストンも誇らしそうに警笛を鳴らす。



再び連結をすると、彼らはそのまま出発した。パクストンがジェームスを押し、ジェームスは雪をかき分けて進んでいくのだ。
スピードは思うように出せなかったが、力強い走りを見せた。
いつの間にか吹雪がやんだおかげで、ゴードンの丘も楽に超えることができた。



マロン駅を通過した頃には、ジェームスの調子も良くなっていた。
協力して走っている彼らを見て、様子を見に来た双子は安心した。
「ご無事で 何よりです。お二方とも、ゴールは すぐ目の前ですよ!」
「ありがとう、ダグラス。よし、頑張るぞ」



 遂に、パクストンの目的地に到着した。待っていたトップハム・ハット卿は安堵の表情と共にとても誇らしそうだった。
「よくやったぞ、ジェームス。パクストンの列車ごと ここまで引っ張ってきて、大変だっただろう」
「とんでもない。途中で 動けなくなった僕を、パクストンが 押して 助けてくれたんです」
「そうか そうか。2台とも よく頑張ったようだな。明日 朝一番に、ソドー整備工場に 行きなさい。君たちの ペンキを 新しく塗り替えてやろう」


後になって、ジェームスは、再びカーク・マッシャン駅に戻ってきた。彼はきまり悪そうにパクストンに礼を言った。
「さっきは ありがとう。酷いこと言って ごめんよ。君の 緑色のボディは、雪の上じゃ 僕と同じくらい 目立って綺麗だよ」
「ああ、あのことは もういいんです。僕、気にしてませんから、ふふ。それに、ジェームスさんには かないませんよ」
それ以降、2台は仲良しになったのだった。

 


おしまい

 

 

【物語の出演者】

●ジェームス

●ドナルドとダグラス

●パクストン

●クランキー

●トップハム・ハット卿

●ジェームスの機関士

●トーマス(not speak)

ソルティー(not speak)

●バーティー(not speak)

●ブッチ(not speak)

モリー(cameo)

●スタンリー(cameo)

●ポーター(cameo)

●デン(cameo)

バイロン(cameo)

●ゴードン(mentioned)

 

 

脚本: ぜるけん

画像編集: NWP

※これは2015年に投稿した記事を再編集したものです。