Z-KEN's P&TI Studios

プラレールとトラックマスターを用いた某きかんしゃの二次創作置き場

P&TI S14 E28 きゅうこうファーディナンドれっしゃ

 モードのファースト・ランは、夕方、海底トンネルを抜けた先のミスティアイランドの乗り換え駅に無事に到着した。ソドー島の景色とは打って変わって、雪は積もっていない。

まるで別世界に来たような気分だったが、トップハム・ハット卿とロウハム・ハット卿含む、要人たちは、皆、満足そうだった。

「実に素晴らしい。とても快適な旅路だったよ。速くて揺れも少ない」

「光栄です、伯爵。モードの性能は もちろんのこと、今回の営業のために、トンネルの線路の修理をした甲斐がありました」

と、トップハム・ハット卿。

後から、クエンティンに押されてダッシュ、バッシュ、ファーディナンドが到着した。

「明日からの営業では、この駅から、彼ら蒸気機関車のうち一台が牽く 観光列車に乗り換えていただきます。もちろん、このまま、この島の港へ 赴くのも可能です。観光列車は、資材置き場を含む、この島の絶景に ご案内いたします」

ロウハム・ハット卿が要人に説明する。さらに彼はこう続けた。

「今日は もう遅いですから、これからアブマス駅へ引き返します。モード、頼むよ。それから丸太を運ぶ機関車の諸君、良いクリスマスを。おやすみ」

「はい、お任せください」

「「「おやすみなさい。メリークリスマス」」」

機関車たちが答えた。

 

 翌朝、ミスティアイランドは清々しい一日を迎えた。

丸太を集める機関車たちは特に、ワクワクしていた。

なぜなら、モードが運んできた観光客を乗せて、生まれて初めて客車を牽くからだ。

「今日は 俺が客車を牽くんだ」

続きを読む

P&TI S14 E27 ヘンリーとチョコレート

 ミスティアイランドの線路を、白い車体が駆け抜けていく。

新しい電気機関車のモードだ。彼女は、鉄道検査官を客車に乗せて張り切っている。

木々が生い茂る山を背に、海岸の線路を駆け抜け、海底トンネルの中へと入っていく。

 

完成間際の駅では、トーマスが待っていた。

「調子は どうだい、モード。バッシュ達とは もう仲良くなれたかい」

「絶好調さ。バッシュとダッシュ、それにファーディナンドは面白いね。僕も すっかり友達だよ」

モードは、ミスティアイランドを訪れる観光客を運ぶ急行列車を任されていた。駅が完成するまでは、毎週一日2本の試運転が行われていた。

モードが気をつけて走るので、幸い、事故もない。鉄道検査官も満足そうだ。

「あとは この駅が完成すれば、僕も いよいよ本格的に急行旅客列車デビューだ。ああ、待ち遠しいなあ」

 

 やがて、季節はあっという間に冬になり、クリスマスの季節が訪れた。

ある日の早朝のこと、トップハム・ハット卿は機関車達を操車場に集めた。

続きを読む

P&TI S14 E26 サムソンとフレデリックとしんごう

f:id:zeluigi_k:20210407222434j:plain

 ソドー島の鉄道には、たくさんのポイントがある。

ポイントにはそれぞれの役割があり、本線から支線へ分岐するものや、操車場や側線へ入るためのもの、そして暴走した列車を止めるための小さな物などさまざまだ。

それらの大半は近くの信号所によって切り替わる。信号手が列車の時刻表やランプの配置を確認して、信号とともにポイントを切り替えるのだ。

機関車たちは信号をよく確認して走るのだが、時々それを見落としたり、信じようとしない者も居たのだった。

 

 ある朝、タンク機関車のフレデリックが、ヴィカーズタウンの操車場でぶつくさ愚痴を吐いていた。

「あーあ。こんな ちっぽけな仕事じゃなくて、もっと 大きなことがしたいな。急行貨物とか、急行列車とか。この島にゃ古くからいるし、全部の路線を知り尽くしてるのに」

それを横目に、サムソンが言い放った。

「ま、キミのような小さな機関車は、入換えが お似合いだね」

「キミ誰」

「サムソンであります。いつもは よそで働いているが、ソドー島のことは知り尽くしているし、特別な貨物列車だって任せられている」

「ふうん。だけど俺は、もっと ずーっと 長くから ここで働いてる」

フレデリックが対抗する。本当は、約50年もの間、鉛鉱山の坑道の中で閉じ込められていたのだが、彼は話を盛りたがりだ。

隣で石炭を補給していたハンクは、その様子を黙って見守っていた。

 

そこへ、トップハム・ハット卿がやってきた。

「おはよう、ハンク。キミに特別な仕事を持ってきたぞ」

「特別な仕事とは、どんなものですか」

続きを読む

P&TI S14 E25 グラグラばしのしゅうふく

 ミスティアイランドにあるものは、とても奇妙なモノばかりだ。

中でも特に異質なのは、グラグラ橋と呼ばれる、こわれかけの橋だ。

見た目は危険だが、意外にも安定していて、丸太を積む場所へ行く唯一の交通手段として使われている。その昔、橋げたが濁流に呑み込まれて流されたのだが、いく日もいく日も、機関車が渡っても面影が変わることなくそこにあった。

それはまさに奇跡の橋だった。

 

しかし、いつ崩壊してもおかしくない状態にある。

ミスティアイランドで働くバッシュ、ダッシュ、それからファーディナンドは、全く気にもせず、島のアトラクションの一つとして嬉々と渡っているが、ソドー島の機関車たちの殆どは、みんな恐れていた。

あの底なしに陽気なロウハム・ハット卿でさえ危惧しているほどだった。

「グラグラ グラグラ 揺ーれる! みんなで グラグラ 大変だ♪」

ダッシュがロウハム・ハット卿と一緒に歌いながら橋を渡る。橋は上下左右へと歪む。

時折、バキバキと音を立て、木製の橋桁が崩れ落ちていく。

「おっとと。そろそろ点検をしたほうが良いかもしれないな」

続きを読む

P&TI S14 E24 パクストンのブレーキしゃ

f:id:zeluigi_k:20210502182543j:plain

 ある日、シドニーは、友達のパクストンを探していた。

名前を呼びながら、ディーゼル整備工場を駆け回っている。

「パクストン、ねえ、パクストン。さっきヴィカーズタウン駅で面白いことがあったんだけど…」

だけど、パクストンの姿はどこにも見当たらない。

「どこに いっちゃったのかな」

その時、彼の視界に、深緑色のボディで、黄色いラインが入った、四角い車両が目に入った。

それはまさに、パクストンの特徴そのものだった。

「あ、ここに いたのかあ。ねえねえ、面白い話が あるんだ」

でも、シドニーに対する返事はない。

 

f:id:zeluigi_k:20210502182549j:plain

「パクストン、聞いてる? おかしいな、返事がないなんて。まさか、故障しちゃった?!」

「それ ブレーキ車だよ、シドニー。よく見て」

そばで見ていたデニスが言った。

「ブレーキ車だって。本当だ。深緑色だから、てっきりパクストンかと思ったよ」

 

f:id:zeluigi_k:20210502182707j:plain

 その夜、シドニーは、ブレーキ車のことをみんなに話した。

続きを読む

P&TI S14 E23 バートラムをさがせ

f:id:zeluigi_k:20210419111513j:plain

 ある朝、トビーはヘンリエッタと一緒に、行楽客を運んで、古い金鉱を訪れた。

「やあ、おはよう、トビー」

そこには彼の友達、バートラムの姿があった。休日になると、トビーと一緒に、お城や鉱山を訪れるお客さんを楽しませるためのツアーを行っているのだ。

バートラムはとても勇敢な機関車だ。ちょっとやそっとのことで、うろたえることもない。

彼はかつて、デュークたちと共に、鉱山に繋がる古い鉄道で働いていた。

やがて鉄道が閉鎖になると、彼は長きにわたって鉱山に取り残されていた。それでも恐れることなく時々火を焚いていたことから、いつしか人々に勇敢な"戦士"と呼ばれるようになった。

トップハム・ハット卿の計画で、この金鉱が観光地として再開発された後は、出会ったトビーと友達になり、今では楽しく働いているのだった。

 

「調子は どうだね。また橋で目を瞑って走ったのかい」

バートラムがトビーに言った。

「そうなんだよ。あそこは いつ通っても おっかないからね」

「もう、トビーったら。あの橋は何年も安全よ。心配しなくて大丈夫」

と、ヘンリエッタが笑って言った。

「それが一番心配なんだ」

 

f:id:zeluigi_k:20210419110203j:plain

「なんだか 賑やかだね」

トビーは、鉱山のそばでジャックたち建設現場の仲間たちが働いているのに気がついた。

「この観光地に欠かせない、歴史博物館を新しく建てるそうだ。出来上がりが楽しみだよ。ここが もっと 賑やかになればいいと思うね。そうすれば、ツアーも盛り上がるだろう」

と、バートラムが説明する。

ジャックとオリバーは、邪魔な岩を片付けていた。そこには、クレーン車のケビンの姿もあった。ケリーの代わりに、ソドー整備工場から手伝いに来たのだ。

続きを読む

P&TI S14 E22 エドワードはひよっこ?

 エドワードは、物知りで親切な、ベテランのテンダー機関車だ。

本土の隣の鉄道から来てから、もう長いことソドー島で働いている。

小さくて古かったが、信頼における役に立つ機関車だと、島の誰もが認めている。

仕事のやり方もよくわかっている。貨車も客車もいつも上手く牽けるのだった。

 

f:id:zeluigi_k:20210407182014j:plain

 サムソンは、隣の鉄道で働くタンク機関車だ。

エドワードよりも古く、とてもプライドが高い。だから、自分より若い機関車を見つけては、

続きを読む