Z-KEN's P&TI Studio

プラレールとトラックマスターを用いた某きかんしゃの二次創作置き場

P&TI Ex-17 いじっぱりなオリバー(リメイク)

f:id:zeluigi_k:20190812222549j:plain

 グレート・ウェスタン鉄道出身のオリバーは、意地悪なディーゼル機関車たちの魔の手から逃れられた、小さなタンク機関車だ。

ダックやトーマス程の力持ちではないが、彼は昔、トードの協力を得て、いたずら貨車たちの指揮を執るスクラフィーをバラバラにして黙らせたことがある。

それ以来、貨車たちからは恐れられていて、あれからいたずらもされていない。オリバーにはそれが自慢だった。 

 

f:id:zeluigi_k:20190813150107j:plain

 ある朝、オリバーはディーゼル機関車たちの燃料を届けにナップフォードの操車場へやってきた。車庫の前では、ノーマンと、ハリーとバートが待っていた。

オリバーはディーゼル機関車の近くには寄りたくなかった。でも、そのそばにはトップハム・ハット卿が待っていた。

「嫌になっちゃうな、彼らの隣なんて」

と、オリバーは嫌な顔をした。

すると、待っていたノーマンたちも、彼に冷たい視線を向けた。オリバーはますます不機嫌になったが、トップハム・ハット卿は構わず新たに仕事を彼に任せた。

続きを読む

P&TI Ex-16 たんすいしゃをつかまえろ(リメイク)

f:id:zeluigi_k:20190805194756j:plain

 スティーブンは、ソドー島で最も古い、小さなテンダー式蒸気機関車だ。

いつもはウルフステッド城で観光客の案内をしているが、そうでない時はアフタヌーンティーの材料を酪農場から運ぶなどの雑用にもいそしんでいる。

ある日、彼はグリンの代わりにお城で出たゴミを、ゴミの集積場へ運ぶ仕事を任された。ゴミの貨車は重いので、グリンは丘を下るときは用心するように言ったが、スティーブンは貨車に押されながら出るスピードを楽しんでいた。

「ロケットの お通りだぞー!」 

ティーブンは、自分の軽さなら横転する心配はないだろうと思っていた。

ところが、丘を下って間もなく、別の問題が発生した。ポイントを通過するとき、なにやら「ボキッ」と音を立てたかと思うと、急に背中がスースーしたのだ。

 

f:id:zeluigi_k:20190805191938j:plain

機関助士が石炭を罐に入れようと後ろを振り向いた時、異変に気が付いた。なんと、スティーブンの炭水車とゴミの貨車が別の線路を走っているではないか。ポイントの故障と共に、炭水車が外れたのだ。

炭水車は貨車の重みと勾配で、隣の線路を走るスティーブンを追い抜いて行く。彼は慌てて炭水車を止めようと速度を上げようとしたが、そこで止まってしまった。

罐の火は燃えていたが、走るのに必要な水が送られてこないからだ。

続きを読む

P&TI Ex-15 せきにんじゅうだい(リメイク)

f:id:zeluigi_k:20190219202316j:plain

 黒いテンダー機関車のドナルドとダグラスはカレドニア地方出身の双子の兄弟だ。

頭は良いがプライドが高く、ちょっぴり、おっちょこちょいな一面もある。

他の双子の機関車と同じように、お互い離れて働くことが嫌いだが、必要に応じて別々の場所で働くこともあるのだった。 

 

f:id:zeluigi_k:20190805142651j:plain

 ある朝、ゴードンはやきもきしていた。さっさと燃料の補給を済ませて出発したいというのに、石炭箱はからっぽで、石炭ホッパーの下には砂利の貨車が一台置かれてたままだったからだ。

ちょうどそこへ、ドナルドが現れた。

続きを読む

再投稿版P&TI S13 エピソード一覧

 夏休み特別企画というわけではありませんが、P&TIシーズン13のリメイクであるEx-15以降を投稿する前に、2014年から2016年の間に旧Studioで投稿したシーズン13のうち9話を再編集して、シーズン14に繋がる分だけ再投稿しました。一応、一覧表も投稿しておきます。 

 

 

E11 グレート・ウェスタン流 (The Great Western Way)

 アールズバーグ線に訪れるキング・エドワード1世を先導する事になり大はしゃぎのダックは、だれかれ構わずグレート・ウェスタン自慢を展開する。一緒に働くオリバーはそんな彼にウンザリし、手伝いを断る。

 

E16 ジェームスと大雪 (James and the Snow)

 ジェームスはいつも自分のボディを見せびらかして注目を集めている。色が地味なパクストンを貶した後で雪かきを付けずに急行列車を牽くが、途中で大雪に見舞われて仕事を取り上げられる。

 

E17 スタフォードの大活躍 (Stafford Helps Out)

 ある日、ジェームスに悪口を言われてちょっぴりへこんだスタフォードのもとに、炭鉱への手動命令が出る。

 

E18 ミスティアイランドのかくれんぼ (The Secret of Misty Island)

 ミスティアイランドへ材木を受け取るよう指示されたスタフォードだったが、島に住む3台の機関車にかくれんぼを申し込まれてしまう。仕方なく遊ぶことにした彼は、廃れた洞窟を発見する。

 

E19 ベルの名案 (Belle and the Electric Rails)

  一日働き続けて疲れ果てたスタフォードの姿を見たベルは、彼を気の毒に思い策を練るが、その後すぐに消火活動に呼び出される。そこで彼女は一台の電気機関車と出逢う。

 

E21 ボコと危険な島 (Danger Island)

  ミスティアイランドを観光地として発展させるために暫くの間働くことになったボコ。悪評で有名な島と機関車たちを前に、彼は立ちすくんでしまう。

 

E22 ゴードンのプライド (Gordon's Last Service)

  近頃調子の悪いゴードンは、新しい電気機関車が急行列車を牽引するという噂を聞いて不安に陥る。なんとか自分の引退を阻止しようと、自分の強みを見せようとするが…

 

E29 サー・ハンデルとテレビカメラ (Bad Day for Sir Handel)

 ドキュメンタリー番組の撮影スタッフはスカーロイ鉄道にもやってくることになった。TVが大嫌いなサー・ハンデルは、働きながらもTVカメラから逃げようとする。

 

E30 クリスマスの冬霧に (Monster of Christmas)

  ウルフステッド城でクリスマス・パーティが開催される前日、ヘンリー、ゴードン、ジェームスの3台が立て続けに謎の巨大な怪物を目撃する。

 

 

【過去に投稿した同シリーズのエピソード】

  せっかくなので再投稿の予定が無い物も掲載します。

*が付いている物はExエピソードとしてリメイクまたはアレンジしたもの。*1

 

E01 双子のバッシュとダッシュ (The Trouble Seeds)*

 それぞれボディの色が異なるバッシュとダッシュだが、どっちがどっちか見分けがつかない仲間もおり、彼らを不本意に苛立たせてしまう。そこで双子が考えた策とは…

 

E02 責任重大 (Heavy Responsible)*

 不注意にもゴードンを脱線させてしまったドナルド。全て自分の責任だと、ダグラスの手伝いを断り、重い急行列車を担おうとする。

 

E03 キースがやってきた (Get Away from Me!)

 アレックの兄、ミキサー車のキースが突如としてソドー島にやってきた。連れ戻しに来たと勘違いで自分から逃げていくアレックを捕まえた彼は、何もかもいい加減に過ごす自分のスタイルと、アレックの態度について話す。

 

E04 キースの仕事探し (Unthinkingly)

 来島する前にミキシング・ドラムを紛失したと話すキースは、チャーリーの提案を受けてソドー島でも働けるよう、自分に出来そうな仕事を捜しに出る。そんな時、スクラップ置き場でダンプトレーラーのベッセルを発見する。

 

E05 アレックとジョージ (Alec & George)

 相変わらず鉄道車両に対して不信がるアレックの前に、鉄道嫌いのジョージが現れる。ジョージは彼と協力して鉄道を廃止させようともくろむが、アレックには機関車に恩義がある事を知る。

 

E06 あのテンダーを捕まえろ (Tender Trouble)*

 信号手のミスでスティーブンの炭水車がポイントの上で切り離され、貨車と共に暴走してしまう。トーマスは急いで追いかけるが、なかなか炭水車を止める機会に当たらない。

 

E07 外れた顔 (Paxton's Big Mistake)

 パクストンはまだトーマスの新しい弟の存在を知らない。ある日、彼はトーマスの顔が外れたと勘違いし、焦って島中を駆け回る。

 

E08 ディーゼル10と磁石 (Magnet Power)

 整備工場でクレイジークレーンに強力な磁石が取り付けられるところで、磁石がディーゼル10のピンチーにくっついてしまう。そのことに気付かないまま整備工場を出て、道中でありとあらゆる金属部品がピンチーにくっついていく。

 

E09 デニスの悪知恵 (Cunning at Work)

 デニスの怠け癖が再発し、材木集積場から追い出されてしまった。その後で余計な仕事を任せられたデニスは、集積場に隣接する古い鉱山を使って近道をしようと企む。

 

E10 寝坊助ニック (Sleepy Ship)

 ニックと呼ばれる鉄道連絡船はいつも眠たそうにしている。ある晩、魚の積んだ貨車をベルギーのオーステンドへ届ける仕事を任されるが、夕焼けの景色に魅了されるや否やつい目を閉じてしまい、危うく灯台に衝突しそうになるが、別の問題も起こす。

 

E12 フリッツの寄り道 (Fritz's Adventures)

 好奇心旺盛のフリッツは寄り道することが大好きだ。運転手に無理を言って入った事の無い道に進むが、崖から転落して故障してしまう。幸いにもファーディナンドに救助されるも、フリッツの好奇心は留まる事を知らない。

 

E13 自分勝手なダンカン (Duncan Gets Grumpy)

 いつも文句ばかりのダンカンは、ある日旅客列車の仕事の最中に雑用を任せられて苛立ち、仕事の選り好みをする。当然、ミスター・パーシバルはこの事を許さず…

 

E14 トビーとモニカ (Toby and Monica)

 トーマスとパーシーが鉱山の後片付けをしている間、トビーは港で働くディーゼル機関車のモニカに足を引っ張られていた。

 

E15 ケビンと怒りんぼクレーン (Kevin and Crazy Crane) 

 クレーン車のケビンは、みんなが恐れるクレイジークレーンとも友達になろうと躍起になる。ところが、直後に彼女をスクラップにするという要請を耳にし…

 

E20 見栄っ張りなオリバー (Obstinately Oliver)*

 ある日、砂利を積んだ貨車を始発駅まで運ぶことになったオリバー。ディーゼルも手伝いに来るが、彼を信用できないオリバーは、一人ですべての貨車を運ぶ。

 

E23 トーマスと謎の鳴き声 (Thomas and the Spooky Sound)*

 霧が立ち込めたある日、パーシーはエルスブリッジの使われていない操車場から奇妙な鳴き声を耳にする。トーマスはウィーゼルの仕業だと考えるが…

 

E24 タロウと客車 (The Diesel Express)

 ゴードンやジェームスの代わりに急行客車を牽くことになったタロウ。だが、彼は島で唯一客車を牽きたがらない事で有名だった。彼はそのわけをロージーに打ち明かす。

 

E25 いじめっこディーゼル (Insistent Diesel)

 ディーゼルですら毛嫌いする、おふざけが好きないたずらイタチことウィーゼル。自分を無視し続けるマードックに逆恨みしたウィーゼルは、彼を閉鎖された支線へ入れる。

 

E26 小さな救世主 (Don't Look Down for Him)*

 車輪が壊れたマードックの代わりに重い貨物列車を引き受けることになったヘンリー。だが、ヘンリーもくたびれる始末。そこへ駆けつけたのは…

 

E27 スティンキーの脱出作戦 (Run Away from Dump)

 自分がゴミの貨車である事と、トラブルに巻き込まれやすい体質に嫌気がさしたスティンキーは、大人しい性格から一変捻くれて、スクラフの列車から逃げ出すが、やがて恐ろしい思いをすることになる。

 

E28 素晴らしき鉄道 (The Great Railways)*

 ソドー島にドキュメンタリー番組の撮影スタッフが訪れることになり、島の機関車たちは大はりきり。トーマスとジェームスが準備に励む一方、ディーゼルは何か企んでいるようで…

 

 

【没エピソード集】

 P&TIで最も没作品の多いシーズン13。旧Studioでさえ公開に至らなかった没作品を覚えている限り紹介します。

 

没01 お人好しのスパイク (No More Medding)*2

 正義感の強いスパイクはよく他人に首を突っ込む癖がある。その性格が災いして故障したヘンリーや怠け者のデニスを貨物列車と一緒に運んでいるうちに、重連でスパイクを手伝っていたスタンリーの車輪から悲鳴が上がる。

 

没02 メリックの脱線 (Merrick's Mistake)

 乱暴に走り回っていたダンカンの貨車から石材が飛び散り、メリックのレールに転がる。メリックはそのことに気が付かず、石材を踏んで脱線し、狭軌のレールを塞いでしまう事に。

 

没03 コナーとフライング・キッパー (Flying Connor)

 フライング・キッパーを牽くヘンリーが故障した。ちょうど通りかかったコナーがキッパーを引き継ぐことになるが、コナーの速さに貨車が付いて行けず、連結器が壊れてしまう。

 

没04 シドニーと踏切 (Cross Clash)

 シドニーは付近の踏切が工事中と言われていたことを忘れる。

 

没05 操車場の大騒動 (Biffin' & Bashing)

 操車場でクレイジークレーンと一緒に働くことに腹を立てたジェームスは、思わず彼女に強く体当たり。クレイジークレーンも腹を立て、操車場は間もなくドラム缶や貨車があちこちに散らばる大惨事に。

 

没06 双子の失敗 (Bad Feeling for Twins)

 次から次へと失敗ばかりのドナルドとダグラスは、過去の予感を察知し、スクラップにされてしまうのではないかと脅え、仕事に手が付かなくなる。

 

没07 方向音痴の機関車 (William Gets Lost)

 自分が何でも知っていると思い込むウィリアムは、スティーブンが目的の場所を伝える前に出発して迷子になる。

 

没08 生意気なスペンサー (Show off Spencer)

 故障したスペンサーはエドワードに運ばれることになる。だが、目立ちたがり屋の彼は立場を逆転する機会を窺おうとする。

 

没09 鉱山を走りたかったチャーリー (Charlie & the Narrow Gauge)

 ブルーマウンテンの上部に興味を持ったチャーリーは、オーエンのリフトに上がって狭軌線路に足を運ぶが、幅が会わないにも拘らず驚異的なバランスを保って走行に成功する。

 

没10 迷子になったシドニー (Sidney's New Rods)

 休暇を貰ったシドニーは新しい車輪と連結棒を見せびらかそうと出かけるが、行く先を忘れて迷子になる。

 

没11 ラスティールの昔話 (Rusteel's Tale)

 マイケル整備工場と材木集積場が、昔はかつてどのような場所だったのかをブレーキ車のラスティールが語る。

 

没12 ルークと気難し屋なお客さん (Blue Mountain Adventures)

 レニアスに刺激が足りないと言い張るお客さんは、勝手にルークの貨車に乗り込んでブルーマウンテンの採石場に向かう事に

 

没13 落としたダイナマイト (The Missing Dynamite)

 採石場に使う爆薬を運ぶことになり、慎重に運んでいたはずが、どこかに落としてきてしまったルーク。係員がスイッチを押すと、橋の上で爆発が起き…

 

没14 ハロルドとラジコン (Miniature Harold)

 ヘリコプターのハロルドが休んでいると、目の前に小さな自分が現れて仰天。話を聞くと、それは自分を模したラジコンだとわかるが、ラジコンハロルドの人気っぷりに、本物のハロルドは嫉妬してしまう。

 

没15 離れ離れのベルとノーラ (Belle & Norah)

 ディーゼルが誤ってタンク車のノーラを連れ去ってしまった。離れ離れになった相棒を捜すベルだったが、途中で出動要請が出る。

 

没16 遅れた雪祭り (Snow Festival)

 除雪作業を任されたトーマスとテレンスだったが、雪まつりの会場へ向かおうとしている最中に誤ってモーガン鉱山に入り込んでしまい、大ピンチに陥る。

 

没17 モートンと駅の柱 (The Big Trailer)

 ダンプトレーラーのモートンは急旋回が上手く行かず、新しく出来たばかりの駅の柱に衝突してしまう。

 

没18 パーシーと雪だるまの帽子 (Sir Sonwman Hatt)

 雪だるまの帽子が風で飛ばされたところを目撃したパーシーは、飛んでいった方向へ走り出し、見事に帽子を見つけ出す。ところが、それはトップハム・ハット卿の帽子だった…

 

没19 特別な機関車 (Special Engine)

 自分が特別な機関車かどうか疑問に思い始めたウィリアムは、真相を確かめに行く。

 

没20 トーマスと海の怪物

没21 のんびりファーディナンド

没22 夜更かしパーシー

没23 バックで暴走

没24 スティーブンとディーゼルの大競争!

没25 ヒロと新しい駅

没26 ヘンリーがあぶない

*1:付いていない物はいつかTLRCD系統でリメイク予定です。

*2:別名『トリプルブッキング』

P&TI S13 クリスマスのふゆぎりに


 ソドー島はもうじきクリスマス。
路面も線路もはふわふわの雪で覆われ、町中では雪だるまを作ったり、サンタからのクリスマスプレゼントを心待ちにする子供たちの笑顔であふれかえっている。
そんな幸せそうな気分は機関車たちも同じだった。皆、雪は嫌いだったが、クリスマスはいつだって特別なのだ。
クリスマス・イブには、ウルフステッド城でパーティーが開かれることになっている。その準備も兼ねて人々が笑顔でいられるよう、機関車たちは今日も一生懸命に働くのだった。



 ある日、パーシーは郵便配達の仕事に励んでいた。
とくにこの時期の郵便配達はとても忙しかった。
サンタへの手紙や、クリスマスカードなどの郵便物を届けに支線を行ったり来たりしている。
ナップフォード駅で郵便物を貨車に詰め込んでいると、隣の貨物線にドナルドがやってきて話しかけた。
ごきげんよう、パーシー。ウィフの話に よれば 今夜は 濃い霧に なるそうです」
「本当かい。それじゃあ 用心しなきゃね。ビクターに頼んで ランプの点検を してもらおうっと」
「そう、用心せねば なりません。なにせ 冬霧には 恐ろしい怪物が つきものですから…」
ドナルドは気味の悪い声で言った。でもパーシーは怯まなかった。



 夕方になって、ヘンリーが目を覚ました。
真夜中に港で郵便物を受け取るため出発の準備をしているとパーシーがからかいにそばにやってきた。
「やっと 起きたんだね。怠け者さん」
「仕方が ないだろう。昨日も一昨日も 夜行列車を牽いて、機関士さんだって くたくたなんだから」
「ふーん。そうだ、今夜は 濃い霧に なるらしいぜ。怪物に 食べられないよう 気を付けてね」
パーシーは悪戯っぽくそう言うと、貨車の入換えをするために一旦港に向けて飛び出していった。
「ばかなやつ」
と、ヘンリー。



 夜がやってきた。
辺り一面真っ暗闇で、星空さえ見えないほどの深い霧が立ち込めている。
でも、夜行列車を牽く機関車たちはへこたれない。ランプの灯が行く手を照らしてくれているからだ。
「線路 異常なし。このまま徐行で いくぞ」
乗換駅で待っているトーマスとパーシーに郵便物を渡したヘンリーは、残りの郵便物をヴィカーズタウンで待っているヒロのところまで運ぶため本線をひたすら走っていた。
寒々とした風がヘンリーの体を締め付ける。
「まったく パーシーは 臆病だな。怪物なんて、いやしないのにさ。…おや」
前方に霧の中でゆっくりとうごめく巨大な影が見えた。
先の尖った頭にムカデのように伸びた身体に幾つもの足、そして大きく膨れ上がったお腹。
さらにまるで威嚇しているかのような「ギーギー」という奇妙な鳴き声も発しているではないか。
そう、それはまさにパーシーの云っていた…
「怪物だあ!!」
ヘンリーはもうビックリ仰天。彼は逆転機を使うよう機関士に言って、一目散に乗換駅まで後退する。
その大声に向こうも怯んだのか、巨大な影はまるでこちらの様子を伺っているかのようにじっと見つめていた。

乗換駅ではトーマスとパーシーが支線へ出発する準備をしていた。
そこへ、トーマスのボディのように顔を青ざめされたヘンリーが滑り込んできたのを見て彼らは驚いた。
てっきりヴィカーズタウンに着く頃だと思っていた矢先だったからだ。
「なんだい、ヘンリー。そんなに 血相変えて、方向転換まで しちゃってさ」
「で、で、出たんだよ。パーシーの云っていた 冬霧の怪物が」
ヘンリーが震えながら言った。
「ばかな。あれは ちょっと からかっただけさ。でも ドナルドが言っていたことだから ひょっとして…」
パーシーも心配そうに言う。
「もう あそこに行くのは ごめんだね」
ヘンリーは郵便車との連結を外すとティッドマス機関庫めがけて走り去っていった。
一方でトーマスは呆れている。



 翌朝、ヘンリーが機関庫で目を覚ました時には、他の機関車たちにゆうべの出来事をとうに知られていた。
「冬霧の怪物を 見ただって。お前ってやつは 本当に 臆病な機関車だな」
ゴードンが笑う。
「でも 本当なんだ。膨れた お腹から 何本も生えた足を動かし、鋭く尖った頭を 横に振っては ギーギー なきわめくんだ。まるで  巨大なムカデみたいだった」
「びくびくしちゃって 情けないわね。そんな話、信じられると思う?」
「どうせ 干し草か何かを 見間違えたのさ。パーシーと 同じようにね」
と、エミリーとジェームスも言う。

 

f:id:zeluigi_k:20190810195113j:plain
 その日の昼下がり、パーシーはブレンダム港で休んでいたヒロとソルティーに、ヘンリーの見た怪物について話していた。
「そいつは きっと、"うわばみ"だな」
ソルティーが言った。
「うわばみって なんなの」
パーシーが訊ねるとヒロが優しく答えた。
「大きなものを まるごと 一飲みする、大ヘビの事だよ、パーシー。だが 心配することは無い、それは 日本にしか いない 怪物さ」
「ここで いうところの ワームだな」
「まあ 何にせよ 怪物なんて この世には いないよ。そう、大切な友達に 教わったんじゃないのかい、パーシー」
「そうだね。きっと ヘンリーは 幻覚を見たんだ」



 その夜、ゴードンは急行列車を引っ張っていた。
「まったく ヘンリーには 呆れてくるぜ。同じ大型機関車として 恥ずかしい」
彼はまだヘンリーの事で頭がいっぱいだった。思い出してはつい吹き出してしまう。
この日も辺り一帯に霧が立ち込めていた。
通過予定のマロン駅に近づけば近づくほど、霧はどんどん濃くなっていく。
「ええい、鬱陶しい。こんな霧、俺様のスピードで 切り開いてやる」
「落ち着けよ ゴードン。前が 良く見えないから 速度を落として 進むぞ」



その時だ。ゴードンの前方に2つの赤い光がぼうっと現れた。
更に近づくとゴードンよりも大きくてずっしりとした巨大な影が見えてくる。
「ギュウン、ギュウン…」という奇妙な荒い息ような音も聞こえる。
機関士たちはその正体が分かったようだが、ゴードンにはそれが、赤い目を光らせたムカデの怪物に見えた。
「お、お、お、お…」
彼は思わず立ちすくんでしまい恐くて目をぎゅっとつむった。
そんな彼を見て機関士が笑った。
「どうしたんだ、ゴードン。ひょっとして怖いのかい」
「なんでもないですよ」



 一方、ウェルズワース駅ではパーシーが配達の準備をしていた。
「ようし、後は エドワードの支線だけだ」
そこではジェームスも一緒だった。ゆうべヘンリーが置き去りにした郵便車を牽いて走るためだ。
朝方までに配達しなくてはいけない。
「どうして 僕が 郵便配達なんて しなくちゃいけないのさ」
「仕方ないよ。ヘンリーは 臨時列車の仕事が あるんだから。それに みんな クリスマスの準備で 手が空いてないのさ」
ジェームスは嫌そうに「シュウゥウ」と大きなため息をついてヴィカーズタウンに向けて出発した。
「さっさと終わらせて ゆっくり休もうっと」



「やれやれ」と、パーシーも出発しようとしたその時、けたたましく鳴る汽笛と共に誰かが全速力でこちらへ走ってくるのに気付いた。
それはさっき出発したばかりのジェームスだ。ものすごい速度で後退しているではないか。
何者かから逃げているようだ。
「助けて! 出たよ、出たんだよ!」
彼は心配そうに見つめるパーシーには目もくれず、信号が切り替わっていることにも気づかないまま、エドワードの支線に駆けこんだ。



 配達を終えたパーシーは脅えるジェームスと一緒にブレンダムの港で一夜を過ごした。
ジェームスの郵便車はダグラスが代わりに行ってくれたので二台は安心して休むことが出来た。
しかし先日からの騒動が気掛かりだ。
まだ町中の人々が眠っているであろう早朝に寒空の下で港の機関車たちが集う。
「本当なんだ。ワームみたいな 巨大な怪物が 線路を這いずり回っていたんだ」
ジェームスが必死に説明する。
「昨夜 ゴードンも 見たらしいよ。2つの赤い目を ぎらぎら 光らさせていたんだって」
エドワードも言う。
「僕が 見た時は 光ってなかったよ。でも機関車を 丸呑みしそうな ワニみたいな頭をしていたよ。それに お腹が ものすごく大きいんだ」
ジェームスの言葉にパーシーが勘付いた。
「待って。ワニだって」
そこへ、後ろから誰かがやってくる音がした。
「やあ、こんにちは」



霧がだんだんと薄くなり視界が晴れてきた。
その先にはなんとパーシーの旧友の姿があった。奇妙な形の貨車と一緒だった。
「ゲイターじゃないか。やっぱり 君だったんだね」
ゲイターが首をかしげるとパーシーがこれまでの事を話した。
「ランプの灯が切れてるから 皆 わからなかったんだね」
「ランプだって。ありゃりゃ、本当だ。修理してもらったばかりなのに」
今度はゲイターがソドー島に三度やってくることになったいきさつを話した。
「あれから 色々あって、僕は イングランドの工場で オーバーホールを受けたんだ。何十年経過したかな。修理が 終わると すぐに仕事が来た。本土の発電所の変圧器が 古くなったから、廃棄するために このソドー島にあるブレンダム港まで、運ぶことになったってわけさ。途中で トラブルが いっぱいあって 到着が予定より 大幅に遅くなったけどね」



「ところで、あの貨車は なんだい」
ソルティーが尋ねた。
ゲイターの後ろには、誰も今まで見たことのない奇妙な形をした貨車が繋がれている。
車輪が沢山あって車体はまるで巨大な芋虫のように長くて大きい貨車だ。
ところがクレーンが真ん中の変圧器を持ち上げると、その貨車は二つに分かれてとっても小さくなった。
「あれは 大物車だよ。ドイツから来た車両でね、変圧器みたいな 大きくて重いものを、サンドイッチみたいに 挟んで 運ぶ貨車なんだ」
「それが胴体ってわけか。とすると、ゴードンが見た2つの赤い目ってのは」
「赤い目…、ああ、きっとトードのテールランプだよ。途中でブレーキ車が壊れたから、無理言ってトードを貸してもらったんだ。信頼できるブレーキ車は彼だけだもの」
それを聞いてトードはにっこりとほほ笑んだ。
一方でジェームスは恥ずかしくて仕方なかった。
「じゃあ怪物なんてのはいなかったんだ。あーやれやれ、ヘンリーやゴードンときたら、ほんっと臆病だよね」
「ジェームスだって人のこと言えないじゃない」
と、パーシーがほくそ笑む。



「これから伯爵の領地でパーティが 開かれるんだけど、ゲイター、君も どうだい」
「ああ、勿論 行くとも。君たちに 話したいことが いっぱいあったんだ」


こうして、遥々ソドー島にやってきたゲイターは、友達のパーシーや、トーマスとなかまたちに盛大なクリスマスパーティーに今年の特別ゲストとして招待された。今宵のウルフステッド城ではそんな彼ら機関車たちや子供たちの幸せそうな暖かな笑顔が溢れていたのだった。

 


おしまい

 

 

【物語の出演者】

●トーマス

エドワード

●ヘンリー

●ゴードン

●ジェームス

●パーシー

●ドナルドとダグラス

●エミリー

●ヒロ

●ゲイター

ソルティー

●テッド

●ゴードンの機関士

●ノランビー伯爵

●トード(not speak)

●ダック(cameo)

●オリバー(cameo)

●ネビル(cameo)

●ロージー(cameo)

●スタンリー(cameo)

●スティーブン(cameo)

●ポーター(cameo)

●フィリップ(cameo)

●ウィンストン(cameo)

●ミリー(cameo)

●マイク(cameo)

●アニーとクララベル(cameo)

●ローリー1(cameo)

●クランキー(cameo)

●ウィフ(mentioned)

 

脚本: ぜるけん
脚本原案: JYUN2
写真加工: NWP

※このお話は、2016年に投稿した記事を再編集した物です。

P&TI S13 サー・ハンデルとテレビカメラ

f:id:zeluigi_k:20190807204249j:plain

 その日は、ソドー島でドキュメンタリー番組の撮影があり、マードックは少し憂鬱だった。彼は注目を浴びるのが苦手だ。
彼は操車場で停車中に胸の内をサー・ハンデルとデニスに明かした。
「なるべく カメラに 映りたくは ないのだが…」
「同情するよ。報道人ってやつは 品の無い集団さ」
と、サー・ハンデルが同情する。
「そんなに テレビに 映りたくないならさ、仮病を使えば いいじゃない」
隣の線路からデニスが口を挟んだ。それを聞いた2台の機関車は眉間にしわを寄せた。
「仮病だって!? 君とは 一生 分かち合えないね」と、サー・ハンデル。
「僕も怠け者は 大嫌いだ」
と、マードック。2台はぷいと走り去っていった。
「力になれたと 思ったのになあ」



 仕事を終えたサー・ハンデルが戻ってくると、機関庫の前ではスカーロイ鉄道の機関車たち全員が集合していた。
「何の集まりだい」
サー・ハンデルが訊くと、気のいいピーター・サムが答えた。
「ミスター・パーシバルから、大事な話が あるんだって」
ちょうどそこへ、ミスター・パーシバルを乗せたラスティーが到着した。
機関車が全員居ることを確認すると彼の機関室から大事な話を始めた。
「この島に テレビ局が来ていることは もう知ってるな。実は このスカーロイ鉄道も 明後日から 撮影を始めるんだ」
それを聞いた機関車たちは大喜び。もちろん、サー・ハンデルを除いて。
「僕は お断りです。誰が テレビなんかに 出るもんか」
彼は口をとがらせて言った。するとダンカンがクスクス笑いながらミスター・パーシバルにささやいた。
「サー・ハンデルは また 解体ショーを 見せつけたいんですよ」
「ちがうよ! ああ、もう。撮影日も 大人しく働きますよ。でも 絶対に カメラには 映りませんからね」



 次の朝、スカーロイ鉄道の機関車たちは、整備工場の作業員によってボディを磨いてもらっていた。撮影日に備えるのだ。
ボランティアとして本土から遥々来たキャシーとリジーも清掃作業を手伝っていた。
「なあ キャシー、今度は おいらのバッファーを 磨いておくれよ」
「ダンカンの次は 僕ね!」と、レニアス。
彼らは、うきうきと楽しそうだったが、相変わらずサー・ハンデルは憂鬱だった。キャシーたちにボディをピカピカに磨かれても、気分は全くすぐれない。
そこへ聞き慣れない声と汽笛の音が聞こえてきた。
「ピッピー! やあ、こんにちは」
「やあ、ライアンじゃないか。こんなところで 何しているのさ」
「これから 修理しに 行くところなんだ。せっかく テレビの人が来るのに 支線を撮影させてもらえないんだよ」
サー・ハンデルは『自分が ライアンだったらいいのに』と強く願った。
何故って、彼は以前テレビ局がやってきたときに、恥ずかしい映像を撮られてしまっているからだ。



 しかし彼の願いは叶うことなくとうとうテレビ局が自分たちの鉄道にやってくる日が来た。ピーター・サムが彼らを乗せる特別列車を牽くことになっていた。彼はウキウキしていた。
まず最初にカメラマンがピーター・サムを捉える。と、そこへ、
「おいらも一緒に 撮ってもらって いいですか」
横からダンカンがそわそわしながら言った。
「いいわよ。さあ、並んで。撮影を 始めるから」
と、リポーター。



一方、サー・ハンデルはダンカンの仕事を代わりに行っていた。
「まずい。このまま走ったら 確実に報道人と 鉢合わせじゃないか…」
「どうしたんだい。そんなに暗い顔してたら、せっかく磨いてもらった自慢の車輪も 輝かないぜ」
採石場へ向かう途中のレニアスが給水塔の前で声をかけた。スレートの貨車を牽いている。
その時、サー・ハンデルはあるアイディアを思い付いた。
「なあ、レニアス。仕事を交換してくれないか」



サー・ハンデルはレニアスの貨車を牽いて上機嫌で採石場へ走る。
「ここなら カメラに映る心配も あるまい。僕は な~んて 頭が良いんだろう」
ところが喜びもつかの間。彼が転車台でターンしていると耳慣れた汽笛と走行音が聞こえてきた。
プップー! シュッシュッシュッシュッ!
それはピーター・サムだった。
楽しそうに歌を歌いながら元気な音を立て、報道陣を乗せた特別列車を牽いてこちらへ向かってくるではないか。



これを見たサー・ハンデルは大慌て。
貨車を繋いだまま一目散に大きなトンネルの中へ駆けこんでいった。
ピーター・サムはその様子を見ていた。でも、それがサー・ハンデルとは気づいていない。
「今の、ルークかい?」
「僕なら ここだよ」



 報道人たちが採石場の撮影をする中、サー・ハンデルはトンネルの向こう側で、古い蒸気ショベルカーとクレーン車に貨車にスレートを積んでもらっていた。
「早くしてよ。僕は じれったいのは 嫌いだよ」
と、じたばたしている間にピーター・サムの出発の合図がトンネルの奥底から鳴り響く。
サー・ハンデルは積み終えていない貨車を残して一目散に逃げ出した。
彼が気付くとそこはウルフステッド城の前だった。
「何とか 逃げ切ったぞ」
ほっと一息つくのもつかの間。遠くからまた例の汽笛の音が聞こえるではないか。
サー・ハンデルはスレートを積んだ一台の貨車を切り離して再度逃げる。
彼はカメラに映るまいと自身のプライドを背負い路線中を逃げて逃げて逃げまくった。
だがしかし、不思議なことに彼の行く先々に報道人らが現れるのだった。



 サー・ハンデルが気付いた時にはいつの間にやら自分たちの機関庫に戻っていた。
そこへ、またあの汽笛が遠くの彼方からこだまする。
このままでは走れなくなってしまう。そう思ったサー・ハンデルは機関庫の中に入ってやり過ごそうとした。
ところが慌てていた彼は自分の線路をしっかり確認していなかった。



ガッシャーン!
と、大きな音を立てて泥を積んだ貨車にぶつかった。
「うわ、なんだ!」
整備工場から帰る途中のライアンは物音に気を取られて信号待ちで停車しているシドニーの貨車に突っ込んだ。
貨車に積まれていた洗剤と瓶詰の炭酸水が吹っ飛び、サー・ハンデルのボイラーにかかった。
シドニー、ごめんなさい。サー・ハンデルも」
「いいんだ、全部 僕の所為さ。あ、まずいぞ。ピーター・サムが 来る」
サー・ハンデルの機関士と機関助士は、急いで機関庫に置いてあったキャシーとリジーのデッキブラシとバケツを持ってきた。
洗車のふりをする為だ。



大きな事故ではなかったので、脱線した貨車はライアンとシドニーの乗組員のおかげでピーター・サムの特別列車が来るまでに無事に片づけ終わった。
何も知らないリポーターとカメラマンはサー・ハンデルの機関士にインタビューをする。幸いにも上手くごまかすことはできたが、サー・ハンデル自身はとても惨めで恥ずかしかった。
これではマヌケな報道人より滑稽ではないか。そう思ったのだ。



 もちろん、後になって彼はミスター・パーシバルと重役にこっ酷く叱られた。
「サー・ハンデル、君が テレビを 毛嫌いしているのは よく知っている。だが 今日の君は 実に落ち着きが 悪かった。今日から一週間 機関庫で 大人しくしていなさい」


それから一週間が経って、サー・ハンデルは落ち着きを取り戻した。
もうテレビ局が来ても、二度と、あたふた逃げ回ることはないだろう。

…たぶんね。

 

 

おしまい

 

 

【物語の出演者】

マードック

●ライアン

●デニス

●レニアス

●サー・ハンデル

●ピーター・サム

●ラスティー

●ダンカン

●ルーク

●ミスター・パーシバル

シドニー(not speak)

●スカーロイ(not speak)

●キャシーとリジー(not speak)

 ●ヘンリー(cameo)

●ジェームス(cameo)

●ダグラス(cameo)

●スタンリー(cameo)

●スティーブン(cameo)

●コナー(cameo)

●ケイトリン(cameo)

●パクストン(cameo)

●デューク(cameo)

●マイティマック(cameo)

●フレディー(cameo)

●ミリー(cameo)

●オリバー(cameo)

●マックス(cameo)

●イザベラ(cameo)

●スキフ(cameo)

●ノランビー伯爵(cameo)

 

脚本: ぜるけん

※このお話は、2016年に投稿した記事を再編集した物です。

P&TI S13 ゴードンのプライド


 ある日、トーマスは重要な仕事を任された。レスキューセンターの近くに新しい駅を建てるための建築資材を運ぶのだ。
現場には新しい線路が沢山敷かれていた。スタフォードは機関庫に使う資材を運んでいる。それを見たトーマスはとてもワクワクした。彼は駅で待っているハット卿に声をかけた。
「トップハム・ハット卿。新しい機関車を 手配したんですか」
トーマスが質問する。
「よくわかったな。実はな…」
ハット卿が質問に答えようとしたその瞬間、オフィスの方から管理人が駆けつけた。
「ロウハム様から、お電話です」
「今でる。また 後で話すよ、トーマス」
そう言い残すとハット卿は慌てて走って行った。
トーマスは今日一日中、彼の答えが気になって仕方なかった。



その頃、帰りの急行列車で、ゴードンはスムーズに終点に到着した。
「時間ぴったりだ。コンマ一秒も、逃さなかったぞ」
機関士が褒める。
「当たり前よ。俺様は 時間に正確な 世界一速い機関車だからな! 右に出る奴なんて いないさ」
そうは言うものの近頃調子が悪かったので彼は内心驚いていた。奇跡的な到着だったのだ。
と、そこへダグラスが水を差した。
「でも コナーとケイトリンには 負けてますでしょう。それから ピップとエマにも」
「流線型の奴らは ソドー島の機関車じゃない。それに ピップとエマは ディーゼル機関車だ。俺様は 間違いなく 島で一番速い蒸気機関車だ」
ゴードンが反論する。
「レベルが 下がっておりますよ」
「時代を 感じますなあ」
双子に軽くあしらわれたゴードンは、ぷいと決まり悪そうに走り去っていった。
「ふん、奴ら役立たずなんかに この俺様の凄さは 分かるものか」
強がってはいたが本当は今どきの機関車たちに対して劣等感を覚えていた。
ピップとエマは彼が追いつけないほど速く走れるし、あのディーゼルにも強さで負けているのだ。

ゴードンはそのまま操車場にやってきた。石炭を補充する為ホッパーの下で停車する。
「俺様の知名度なら だれにも 負けやしないさ」
ゆっくり溜息をついて彼はこうつぶやいた。
その時、給水塔の前でぺちゃくちゃおしゃべりをしているパーシーとスタンリーが目に入った。
彼らの会話は隣で停車しているゴードンにもよく届いた。
ゴードンはうんざりしたが、その時とても気になる言葉が耳に入った。
「聞いたかい スタンリー。来年 ソドー島に 最新式の電気機関車が やってくるんだって」と、パーシー。
「やれやれ。また電気機関車か。この島には そう何台も いらないだろう」
ゴードンが彼らの陰で小さく鼻を鳴らした。
「へえ、どんな機関車なんだい」
「すごく 大きくて 工場のディーゼルよりも ずっと 力持ちなんだってさ。なんでも、急行列車を 引っ張るみたいだよ」



それを聞いたゴードンはぎょっと目を丸くした。
「そろそろ お前さんも 引退だな。どうやら 局長は 本線を 電化させることが お望みらしい」
そばにやってきたディーゼルが囁く。
ゴードンは彼の言葉を信用しなかったが内心は心配で心配で仕方ない。



 その夜、機関庫では新しい機関車の話題で持ちきりになっていた。
「最新式の電気機関車だって」
と、ヘンリーが疑わしげに、
「急行列車を 引っ張るんだよ」
と、パーシーが自慢げに、
「どんな機関車か 楽しみですなあ」
と、ドナルドがワクワクしながら言った。
皆楽しそうにおしゃべりしていたがゴードンだけは違った。
彼はますます不安が募るばかりなのだ。
「いいから、口を閉じて、もう寝ろ。俺様は 朝が早いんだ」
彼は不機嫌そうに言うと、他の機関車たちは不満げに、ぷんぷんしながら黙り込んでしまった。



 翌朝もゴードンは不機嫌だった。
なまいきなトーマスが、バスとの競争に夢中で、客車の準備をしてくれなかったからではない。チャーリーが、くだらない冗談を聞かせてくるからでもない。とにかく新しい機関車の事が気がかりなのだ。
ゴードンは、お客が乗り降りする間、彼の兄弟、フライング・スコッツマンがソドー島へやってきたときのことを思い出した。
『もし、ディーゼルの言っていることが 本当だったら。いいや、そんなことはない。第一トップハム・ハット卿は…』
ふと彼はあることに気が付いた。今の局長は3代目、スティーブン・ハットだ。2代目の局長と同じ考えかどうかは定かではない。
『きっと、俺を引退させて、島を 電線で 張り巡らす気なのかもしれない。近頃 調子が 悪いからな…』
ゴードンは不安げに心の中で呟いた。



 間もなく、出発の時刻になった。
駅長が笛を吹き緑色の旗を大きく振る。
ゴードンは決心した。
「仮に それが 本当だとしても、その日が来るまでは 自分の仕事を きっちり行うまでだ。俺様は ゴードンだ。島で一番速い、有名な機関車だぞ」
彼はそう自分に言い聞かせ、汽笛を鳴らして、さっそうと駅を出て行った。



 ウェルズワースまでは順調な走りを見せたゴードンだがどうも調子が優れない。
駅に着くと、ちょうど隣の線路を直通列車のケイトリンがやってきた。彼女は元気のなさそうなゴードンを見るとその場で一旦停車した。
「あら、ゴードン。キルデイン駅まで 競争しない?」
ケイトリンが陽気に声をかける。
「そんな暇 あるもんか。俺様は とても忙しい機関車なんでな…」
と、その時ゴードンは思いとどまった。
もし彼女と競争で勝つことができたらトップハム・ハット卿は考え直してくれるかもしれない。
彼はそう思ったのだ。
「待った ケイトリン。やっぱり 競争しよう」
「やったあ!」



2台は駅長の合図で一斉に走り出した。
スタートからすぐケイトリンに追い抜かれたがゴードンも負けてはいられない。
彼は顔を真っ赤にさせてピストンを素早く、力いっぱい動かす。勝つ気満々だ。
「スピード最高記録を 出してやる」
「おいおい ゴードン。そんなに 張り切ると壊れてしまうぞ。サムも 落ち着くんだ」
機関士が彼らを宥める。
しかし助士が意図せずともゴードンはぐんぐんスピードを上げていく。
「あいつには 負けん、負けるわけには いかん」
安全弁からものすごい音が鳴り響いているとも知らずに。



ゴードンがケイトリンと互角のスピードに達したその時、トラブルが起きた。
彼らが走る線路の信号が赤に切り替わっている。
ケイトリンはスピードを緩めたが必死になったゴードンは気づかない。
「へへ、怖気づいたか」
「ゴードン、止まって。信号が赤よ!」
ケイトリンの注意もゴードンの耳には入らなかった。



ゴードンがカーブを過ぎた時、目の前の分岐点から、電気機関車のクエンティンが現れた。彼は燃料運搬車をたくさん牽いている。
このままでは、衝突事故だけでは済まない。
「そこを退け!!」
ゴードンが叫ぶ。機関士は即座にブレーキをかける。
クエンティンは彼に気付き思わず目をぎゅっとつむった。

ゴードンも思いきり力を振り絞ってレールにしがみつき、クエンティンの列車にぶつかりそうでぶつからない、すんでのところで急停車した。
「気を付けてくれよ。なにかあったら どうするんだい」
クエンティンが怒鳴った。
「ちょっと、大丈夫?」
と、ケイトリンが心配そうにゴードンらに駆け寄った。
幸いにもけが人はなく事故を起こすこともなかったが、ゴードンの車体から突然『シュー』と白い蒸気が唸り声を上げて飛び出した。
安全弁が壊れてしまったのだ。ゴードンの機関士は呆れて言葉も出なかった。


 間もなく、ゴードンはソドー整備工場へと運ばれた。彼は恥ずかしくて仕方なかった。そして、ゴードンの客車はケイトリンが引き受けることになった。
ケイトリンの乗客は彼の引き起こした大幅な遅れに対して口々に文句を言った。
これでは特急列車ではない。



整備工場には、トップハム・ハット卿がゴードンを待っていた。彼は怒っている。
「仕事中に競争は いかんということは 君も よく 知っているはずだろう」
「ごめんなさい。あのう、急行列車を もう一台増やすって 本当ですか」
「誰から 聞いたのかね」
「パーシーとディーゼルです。本線を電気機関車に任せたら 俺の出番が なくなるんじゃないかと」
ゴードンの哀しげな顔を見て、ハット卿は額に手を当てじっと考えてから答えた。
「ああ、確かに 急行列車を増やす予定だ。それも 電気機関車のな。だが 噂を鵜呑みにしては いかん。その電気機関車ミスティアイランドに繋がる トンネルを 走るんだよ。だから、まだ 君が引退することはない」
それを聞いてゴードンはほっと一安心したと同時にさっきまでの事が更に恥ずかしくなった。
「それから、調子が悪いときは いつでも言いなさい。私は君を 頼りにしているからな」
と、ハット卿が、ほほ笑んで言った。



 あれから数日が過ぎ、修理を終えたゴードンは、今まで通り誇りを持って急行列車として働いている。
もう自分の仕事を引退を心配することもない。
けれども、『いつかは 終わりが やってくるだろう』と、機関車たちを見つめながら、心のどこかではそう思っているのだった。

 


おしまい

 

 

【物語の出演者】

●トーマス

●ヘンリー

●ゴードン

●パーシー

●ドナルドとダグラス

●スタンリー

●ケイトリン

ディーゼル

●スタフォード

○クエンティン

●トップハム・ハット卿

●チャーリー(not speak)

●バーティー(not speak)

エドワード(cameo)

●ジェームス(cameo)

●ダック(cameo)

●ウィフ(cameo)

●ビクター(cameo)

●ポーター(cameo)

●ウィンストン(cameo)

●アニーとクララベル(cameo)

●トード(cameo)

●キャロライン(cameo)

●ブッチ(cameo)

●ローリー1(cameo)

●ケビン(cameo)

●フライング・スコッツマン(mentioned)

●コナー(mentioned)

●ピップとエマ(mentioned)

●ロウハム・ハット卿(mentioned)

 

脚本: ぜるけん

※このお話は、2016年に投稿した記事を再編集したものです。